電気代の節約

太陽光発電のメリットには、電気代を節約できるという点があります。発電した電気はまず自宅で使用されますので、電気代節約に直結しているのです。太陽光発電は日中の発電量が多く、その時間帯は自宅で電気使用量を上まわる電気が発生する場合、余剰電力として売電をします。夜間は太陽が出ていませんので発電はしないため、その時間帯は通常の電気使用になります。

そして、1ヶ月トータルで使用した電気より発電電気量が上回っていれば電気代は0円になって、なおかつプラスの電気も発生するという場合もあります。つまり、相対的に太陽光発電で発生した電気が、使用する電気よりも高くなれば、電気代は0円となり、余剰電気も生まれるということになります。

月々の電気代を上回らない場合であっても、月々の電気代が1万円の家庭の電気代が1000円に削減された場合、電気代が年間12万円かかるところが、年間10万8000円分の電気が節約できることになります。そして、太陽光発電の発電量は設置面積に比例して大きくなるといわれていますので、大きな規模の太陽光発電システムを導入すればこのようなメリットはより大きくなります。このように、太陽光発電のメリットとして、太陽光発電で発電した電気でまずは電気代を節約ができるという点があります。