安定した収支が得られる

太陽光発電投資は、固定価格買取制度という制度に基づいて、電力会社が一定価格で再生可能エネルギーで発電した電気の買い取りをし、その価格を約束するという国の制度です。この制度によって、原則20年間電力会社に一定価格で太陽光発電で発電した電力を買い取ってもらうことができるようになりました。そのことによって、20年間安定した収入を得られるようになりました。

このため、太陽光発電投資は安定をした収入を得られる方法として人気が集まったのです。電力会社が太陽光発電の電力の買い取りをするようになった背景には、石油や電気、天然ガスなどのエネルギーの国内自給率の経年的な低下がありました。2012年7月1日には国は再生可能エネルギー発電の普及を促進するために「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」を施行しました。

この特別措置法で、一定期間、つまり投資用を20年間、年度による変動はありますが一定価格で、 電力会社が再生可能エネルギー発電によって得られた電力を買い取ることが義務づけられたのです。また、投資用の太陽光発電は税金面でも優遇策が取られており、安定収入を得られるという理由もあって、注目が集まったといえます。

田舎なら土地が安い

太陽光発電のエネルギー源となる太陽の光は、日本全国にほぼ等しく降り注ぎます。都市でも田舎でも条件は同じといえます。太陽光発電では、投資のほとんどが初期コストといわれており、初期コストが小さいほうが、投資上のメリットも大きくなります。同じ日射量があるのなら、土地が安い方が断然メリットが多く、田舎の広い空き地に太陽光発電パネルを設置するという野立てをしている人も多くいます。土地の価格というのは初期コストに影響します。同じ発電量を得られるなら、少しでも土地価格の安い田舎に設置する方が投資費用の回収効果という点でもメリットがあります。

また、都会と異なり、田舎では障害物になる建築物の密集をあまり心配する必要がありません。都市の場合は、住宅が密集していたり、高いビルなどがあって、太陽の当たり方に若干違いが出てくることもあります。そのため、田舎ほど太陽光を十分に生かしやすいというメリットがあるといえるのです。

田舎で太陽光発電をするメリットとして、土地が安く初期コストが小さくて済むという点や土地が余っているため、場所の選択肢も多くあるという点や障害物が少ないため、太陽の光の恩恵を得られやすいというメリットなどが挙げられます。