田舎なら土地が安い

太陽光発電のエネルギー源となる太陽の光は、日本全国にほぼ等しく降り注ぎます。都市でも田舎でも条件は同じといえます。太陽光発電では、投資のほとんどが初期コストといわれており、初期コストが小さいほうが、投資上のメリットも大きくなります。同じ日射量があるのなら、土地が安い方が断然メリットが多く、田舎の広い空き地に太陽光発電パネルを設置するという野立てをしている人も多くいます。土地の価格というのは初期コストに影響します。同じ発電量を得られるなら、少しでも土地価格の安い田舎に設置する方が投資費用の回収効果という点でもメリットがあります。

また、都会と異なり、田舎では障害物になる建築物の密集をあまり心配する必要がありません。都市の場合は、住宅が密集していたり、高いビルなどがあって、太陽の当たり方に若干違いが出てくることもあります。そのため、田舎ほど太陽光を十分に生かしやすいというメリットがあるといえるのです。

田舎で太陽光発電をするメリットとして、土地が安く初期コストが小さくて済むという点や土地が余っているため、場所の選択肢も多くあるという点や障害物が少ないため、太陽の光の恩恵を得られやすいというメリットなどが挙げられます。